2016年07月05日

EXスタンダード RX-78-2 ガンダム

s-CIMG2734.jpg
海外先行発売のEXスタンダード RX-78-2ガンダムを可動とかいじりつつ作成。
s-CIMG2723.jpgs-CIMG2726.jpgs-CIMG2725.jpgs-CIMG2724.jpg
グルリと一周。

s-CIMG2739.jpg
EXスタンダードはせっかく可動が売りなんだからそれをさらに活かした作りにしようと
パワードアームズパワーダーのジョイントで肉抜き埋め&膝関節追加、
プラ板で最近のHGのような股関節ブロックを追加。
アンクルガードは後ろから横に接続位置を変えてます。
前後スカート可動も追加。

s-CIMG2728.jpg
とりあえずこれくらいは足を開けます。

EXスタンダード RX-78-2ガンダム作成その3 可動追加
この記事の時はサイドスカートの事を考慮してなかったのでもっとバリバリ動いたんだけど
サイドスカートを普通に接続したらせっかくの可動範囲がかなり狭く…。

s-CIMG2740.jpgs-CIMG2743.jpgs-CIMG2741.jpg
干渉部分を削って無理やり膝立ちバズーカ。

s-CIMG2737.jpg
抜刀ポーズからの
s-CIMG2745.jpg
ビームサーベル振り下ろし。
ビームサーベルはHGによくついてる奴をSDサイズに短縮化しました。
代替品探してたけど大して手間かからないので自作した方が早かった。
ビームライフル、シールド、バズーカはBB戦士200番の物を流用してます。

s-CIMG2727.jpg
瞳は元の赤部分を切り取ってプラ板貼り付け、その上に自作デカールを貼り付けてます。

s-CIMG2748.jpgs-CIMG2752.jpgs-CIMG2766.jpgs-CIMG2731.jpg
その他ポージング。

塗装はアクリジョンで
白→グランプリホワイト、黄色→イエロー、青→ブルー、赤→レッド、関節部分→グレー:ブラック=4:1で塗装。
コピックモデラーとエナメルブラックでスミ入れ。

スミ入れが汚くなりすぎたりアンクルガードがとれまくったり
接着がとれたり散々だったけどとりあえず国内発売前に完成して良かった。
EXスタンダードは色々言われるけどノーマル系がドカドカ出てくれるだけで嬉しいんですよ…。
もうちょいパーツ分け頑張ってほしい感はあるけど安いしなぁ…。
体型も脚が太めなのが大変よろしい。
次作るとしたらストライクかな。

s-CIMG2747.jpg
リバイブHGのパッケージっぽいポーズで〆。
posted by ax at 23:12| Comment(2) | TrackBack(0) | プラモ完成品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お初です。「EXスタンダード」の画像検索でこちらへ飛んできたのですが、素晴らしいですね!足の可動の増設に感動しました。EXスタンダードのガンダムの国内販売版は私も買う予定でしたので貴方の方法を参考にさせて頂きます。
Posted by ユウ at 2016年07月06日 19:10
コメントありがとうございます。
この可動追加は肉抜き埋めにもなるので個人的にお勧めです。
サイズもこのパワードアームズパワーダーのジョイントがほぼ丁度いい感じでお手軽です。
ただ今だとジョイント自体がなかなか売っていないのが欠点ですね…。
パワードジムカーディガンにも付属してるのでそちらをお勧めします。
Posted by ax at 2016年07月06日 21:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/439745664
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック